肩こりと骨盤の歪み

骨盤は上半身と下半身をつなぐとても大切な部分。

なぜ大切かというと骨盤の歪みは姿勢と直結しているから。

例えば骨盤のねじれがあると脚の長さに左右差が生じます。

その状態で立つと上半身を左右どちらかに曲げてバランスをとる必要があります。
そうすると上半身の筋肉に余計な負担がかかります。

また、骨盤が後傾し過ぎだと背骨が平らに、前傾しすぎだと背骨のカーブがきつくなりすぎます。どちらも頭の位置がズレ、首・肩・背中の筋肉への負担を増加させます。

頭の位置のキーポイントになるのが骨盤といっても言い過ぎではありません。

ですから肩こりや頭痛などの症状のケアには骨盤の矯正はかかせないものです。

これが、肩だけ揉んでも肩こりや頭痛がまったくよくならない理由の一つでもあります。

骨盤と姿勢について更に詳しく知りたい方は「骨盤・姿勢矯正専門サイト」もご覧ください。