頭痛・肩こりと自律神経

自律神経とは

まず、自律神経について少し詳しく話をしておきます。

人は手や足を自分の意志通りに動かすことが出来ても、例えば胃の消化速度を変えることは出来ないし心臓を止めることも出来ません。
こういった内臓類を調整し生命維持機能を支配しているのが自律神経です。

自律神経系は末梢神経の一部であり、中枢神経からの刺激を末梢神経伝達し、不随意筋(内臓など)、腺を支配しています。

そしてこの自律神経系には交感神経系と副交感神経系の2系統あり、多くの臓器はこの両方の支配を受けています。これらの役割を簡単に書くと

  • 交感神経系=アクセル
  • 副交感神経系=ブレーキ

特にストレスの多い現代人の場合副交感神経系のバランスが崩れてブレーキをかけることができずさまざまな不調が発生している場合が多いのです。

交感神経が興奮すると

  1. 筋肉の緊張
  2. 血管の収縮
  3. 心拍の増加
  4. 内臓の活動が弱まる

といった反応が出ます。

肩こりに対しては筋肉の緊張と血管の収縮という影響が見逃せませんよね。

副交感神経はこの逆の働きで

  1. 筋肉の弛緩(ゆるめる)
  2. 血管の拡張
  3. 心拍の減少
  4. 内臓の活発化

といった働きがあります。これと「肩こりの原因」のページを読めば、なぜ肩こりと自律神経が密接につながるかは理解できますよね。

自律神経の調律

自律神経はどうやってコントロールするのか?

体には神経の反射点が沢山あります(ツボや経絡と呼ばれたりもします)

整体ではこの部分に刺激を入れて主に副交感神経系のバランスを整えることを目的として施術を行います。

具体的には腹部・側頭骨・蝶形骨・後頭骨・僧帽筋にある各調律ポイントに刺激を加えてうまく機能しない副交感神経の働きを調律していきます。

ちなみに、「調整」でなく「調律」なのには意味があります。

「調整」というと何か悪いものを良くしようというイメージがあります。しかし、自律神経の乱れは悪くなっているわけではなくストレスに対する正常な反応です。

そこでピアノがバランスの取れた音を出せるように調律するのと同じイメージで自律神経がバランス良く働くようにする、そういう意味を込めて「調律」という言葉を使っています。

TSライン腹部調律